大人ニキビが治らない!大人ニキビが繰り返す5つの原因と治し方

しこりのあるあごニキビや、頬に大量発生してしまう白ニキビなど、なにかと悩みがちな大人ニキビ。メイクノリも悪くなりますし、嫌になりますよね。

ここではそんな大人ニキビについて、原因から種類、治し方、予防方法まで詳しくお伝えしていきます。

大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビとは、20歳以上の大人にできるニキビのこと。皮脂の過剰分泌で起こる思春期ニキビと異なり、乾燥やストレス、生活習慣など、さまざまな原因で起こります。

そのため大人ニキビは、思春期ニキビよりも繰り返しやすいのが特徴。しかも跡に残りやすいので、適切なケアがとっても重要なんですよ。

大人ニキビができる原因5つ

では具体的に、大人ニキビはどんな原因でできてしまうのでしょうか。ここでは主な5つの原因を挙げていくので、自分が当てはまっていないかチェックしてみましょう。

大人ニキビの原因1. ホルモンバランス

女性であっても男性であっても、体内では女性ホルモンと男性ホルモンの両方が生成されているもの。そして女性ホルモンであるエストロゲンには皮脂を抑える作用がありますが、男性ホルモンの方には皮脂の分泌が増える作用があります。

そのため生活の乱れやストレスなどによりバランスが崩れ、男性ホルモンが増えてしまうと、皮脂が分泌されやすくなり大人ニキビができやすくなってしまうんです。

大人ニキビの原因2. 飲酒など、食生活の乱れ

飲みすぎや食べすぎなど、食生活が乱れると、胃腸が弱ってきます。実際、飲み会の次の日に胃もたれした経験がある人も多いのではないでしょうか。

しかし胃腸が弱って消化不良になると、身体に毒素がたまってしまうことも。この毒素が、ニキビの原因となるのです。便秘が続くとニキビができやすくなるのも、この毒素がたまっているせいですね。

またアルコールを摂取すると、ビタミンが多く失われてしまいます。ビタミンが失われるとニキビだけでなく、シワなどのトラブルにもつながるため、暴飲暴食には注意しましょう。

大人ニキビの原因3. 寝不足などの生活習慣の乱れ

忙しい現代人にとって多いのが睡眠不足。あれこれやっているうちに0時を過ぎていた!なんてこともありますよね。

しかしこの睡眠不足は、お肌にとって大敵。睡眠不足が続くと自律神経が乱れ、皮脂の過剰分泌などニキビができやすい環境を作ってしまいかねません。

一般的には22時~2時の間がゴールデンタイムと呼ばれているので、なるべく22時ごろには眠るように心がけましょう。

大人ニキビの原因4. ストレス

ストレスも大人ニキビの原因となります。ストレスをためると自律神経が乱れるため、皮脂の過剰分泌が起こり、ニキビができやすくなってしまうんです。

ストレスを完全になくすのはなかなか難しいものですが、例えばアロマを使ったり好きな音楽を聴いたり、なるべくリラックスしてため込まないように心がけましょう。

大人ニキビの原因5. 乾燥

意外と多いのがこの乾燥。肌が乾燥すると肌バリア機能が低下してしまうため、ニキビができやすくなります。

とくに気をつけてほしいのが、インナードライと呼ばれるタイプ。これは一般的な乾燥肌の人と違い、自分では気づかないうちに肌の内側が乾燥してしまうものです。

通常自分が乾燥肌と分かっていれば、適切な保湿をしますよね?でもインナードライの人は気づきにくく、保湿に手を抜きがち。

すると乾燥から守るために皮脂が過剰分泌され、ニキビができてしまうケースもあるんです。そのため自分の肌質をしっかり把握し、乾燥しないよう適切なスキンケアを行うのが大切なんですよ。

大人ニキビの種類と治し方

ニキビのイメージ画像

大人ニキビには、4つの種類があります。まずは自分がどの種類のニキビなのか確認してから、治し方をチェックしましょう。

白ニキビ

白ニキビは、痛みやかゆみのない初期段階のニキビです。毛穴がちょっと詰まっているときにできやすいので、その汚れをケアしてあげれば改善できます。

またよく、黄色ニキビと間違う人がいますが、これは全くの別物。白ニキビはコメドとも呼ばれるもので、肌にぷちっとできているだけの状態です。そのためこの段階でケアできれば、大人ニキビの悪化を防ぐことができるでしょう。

おすすめは泥(クレイ)洗顔。スクラブよりも低刺激で肌に優しく、汚れもしっかり取ってくれますよ。

黒ニキビ

黒ニキビは、その名の通り黒っぽく見えるのが特徴のニキビ。黒っぽくなる原因は、詰まった角栓が酸化しているからです。

とはいえまだ初期段階のニキビのため、白ニキビと同じく毛穴の詰まりを取ることで改善が可能。おすすめはフルーツ酸など、ピーリング効果のある洗顔で、古い角質を落とすのがポイントです。

赤ニキビ

炎症を起こした状態のニキビが、赤ニキビです。上記の白ニキビや黒ニキビから悪化したケースはもちろん、前触れなく赤ニキビができることもあります。

また炎症を起こしているため、触ると痛みを感じることも…。治し方としては、まずは清潔が第一。そして刺激のあるピーリングなども控え、炎症を抑える効果のある市販薬を使うといいでしょう。

黄ニキビ

ニキビが悪化し、膿んでしまったのが黄ニキビ。見た目でも膿が分かることが多く、膨らんだ見た目をしています。

黄ニキビは潰したくなる人もいるでしょうが、潰すのは絶対にNG!ニキビ跡になってしまう原因にもなるため、赤ニキビ同様、抗炎症効果のある市販薬などを使い静まるのを待ちましょう。

大人ニキビのできやすい部位と予防方法

大人ニキビは、できやすい部位やニキビの種類も異なります。これを覚えておけば事前のニキビ予防も可能なので、忘れずにチェックしておきましょう。

おでこや頬の大人ニキビ

ニキビができやすいおでこや頬

まずはおでこや頬。この部分は皮脂の分泌が多いため、比較的ニキビができやすい部位です。

とくに毛穴詰まりによる白ニキビや黒ニキビが発生しやすいので、泥(クレイ)洗顔などを取り入れ、汚れが詰まらないよう心がけましょう。

あごの大人ニキビ

ニキビができやすい顎

赤ニキビができやすいのがこのあご。しこりのように固くなり、触ると痛みがでることも…。こうなると気になって触ってしまいがちですが、触ったり潰そうとつまむのはNG。

炎症が治まるよう清潔に保ったうえで、市販薬を使って様子を見てみましょう。それでも治らない場合は、皮膚科へ相談するのもひとつの手です。

口の周りの大人ニキビ

ニキビができやすい口の周り

口の周りにニキビができる場合は、乾燥しているケースが多いです。もともとこの部位は乾燥しやすいため、しっかり保湿をするといいでしょう。

また口の周りにニキビができる場合は、胃腸が弱っている可能性もあります。そのため日頃の食生活を見直し、体調を整えるのも大切です。

ニキビができやすい鼻

ニキビができやすい鼻

毛穴の数が多く、皮脂の分泌も多い鼻。そのため、白ニキビから黄ニキビまでいろんな種類のニキビができやすく、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

この鼻ニキビを予防するには、適切なピーリングと毛穴の引き締めが重要。1週間に1回程度ピーリングを行い、引き締め作用のある化粧水で毛穴をキュッと締めましょう。

【まとめ】原因を知って大人ニキビを改善しよう!

「治らない」「何度も繰り返す…」など、悩みの多い大人ニキビ。でもその原因をしっかり把握し、治し方を覚えておけば、もしできてしまっても安心。跡にならないよう、きちんとケアすることが可能です。

この機会に原因となる習慣を見直し、大人ニキビのないツルツル素肌を目指しましょう!