簡単&すぐ試せる!タイプ別で選ぶクマの原因と消し方

目の下のクマって悩みますよね…。クマがあるだけでお疲れ顔に見られてしまいますし、朝からどんよりした気分になってしまいます。

そこで今回は、クマの消し方について詳しくご紹介。クマで悩んできた人は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

クマのタイプ別!原因と見分け方

目の下のクマには、青クマ・茶クマ・黒クマの3タイプがあります。それぞれできてしまう原因が異なるため、まずは自分のクマがどのタイプか確認してみましょう。

青クマ

青クマのイメージイラスト

青クマとは、血行不良や睡眠不足が原因で起こるクマのこと。そのため男女問わず多く、寝不足が続いたりするとなってしまいます。

見分け方

青クマの場合は、まっすぐ前を向いた状態で目の下の皮膚を指で引っ張ると分かりやすいでしょう。あっかんべーをするようなイメージですね。

このときクマが薄くなっていれば、血行不良や寝不足が原因の青クマの可能性が高いです。

茶クマ

茶クマのイメージイラスト

茶クマは色素沈着が主な原因のクマ。メイクを落とすときにゴシゴシこすったり、きちんと落としきれていないとなりやすいです。

また男性であっても、目を強くこすったりすると茶クマになることも。例えば花粉症の人で、慢性的に目をこするようなクセがある人は注意してください。

見分け方

目の下の皮膚を引っ張ったり、上を向いたりしても消えなければ、茶クマの可能性大。色素沈着のため、角度を変えたりしても消えないのが特徴です。

黒クマ

黒クマのイメージイラスト

黒クマはたるみが原因で起きてしまうことが多いです。頬がたるむと目の下にくぼみができ、それが影になって黒く見えてしまうんです。

この場合は老けた印象になりやすいため、リフトアップなどをする必要があります。

見分け方

顔を上に向けた状態でクマを確認してみましょう。薄くなっていれば、たるみが原因の黒クマといえます。

すぐ試せる!クマを消す方法!

クマのタイプを把握したら、次はクマを消す方法をご紹介します。クマのタイプによって方法が異なるので、自分のクマに合わせてチェックしてみましょう。

青クマには「蒸しタオル&マッサージ」

まずは電子レンジで蒸しタオルを作ります。濡らして絞ったタオルを1分ほど過熱し、少し冷ましてから目の上にのせましょう。

このとき、加熱時間やのせるタイミングは調整して、やけどに気をつけてくださいね。

目の上に蒸しタオルをのせたら、そのまま5分ほどリラックス。その後、目の周りをよく解すようにマッサージします。これだけで血行が改善されるため、青クマさんにおすすめですよ。

茶クマには「美白用アイクリーム」

色素沈着などで起こる茶クマには、アイクリームが向いています。とくに美白効果のあるタイプを使うと、手早く撃退できるでしょう。

なかでもおすすめは、「プラセホワイター 薬用美白アイクリーム 30g」。美白成分のプラセンタのほか、コラーゲンやハトムギエキスを配合しており、美白と一緒にエイジングケアも可能なんですよ。

黒クマには「目元用マスク」

たるみが原因の黒くまには、目元用のシートマスクがおすすめ。目元をふっくらさせたり、ハリを出してくれるアンチエイジングタイプを使うと、より効果が期待できます。

なかでもこの「クリアターン アイゾーンマスク 22回分」は、22回分で1,000円程度というプチプラ感が魅力。しかもコエンザイムQ10やコラーゲン、ヒアルロン酸配合で、もっちり潤い目元が作れます。

メイクでクマを隠す方法

即効性がほしいなら、メイクでクマを隠してしまうのもあり。そこでここでは、クマを隠すメイク方法をご紹介していきます。

青クマにはオレンジ系のコンシーラー

不健康な印象になりがちな青クマには、オレンジ系のコンシーラーを使うのがおすすめ。白すぎるものだと不健康さが悪化してしまうので、ヘルシーなカラーを選びましょう。

詳しくはこちら→青クマから卒業!おすすめのプチプラコンシーラーランキング10選

茶クマにはイエロー系のコンシーラー

茶クマには、イエロー系のコンシーラーがおすすめ。透明感のあるイエロー系なら、肌がパッと明るくなり、違和感なくクマを隠せます。

詳しくはこちら→茶クマの隠し方!正しいメイク方法とおすすめコンシーラー3選

黒クマにはベージュ系のコンシーラー

黒クマには濃い色はNG。オレンジ系を使ってしまうと、かえって目の下が黒ずんでしまいかねません。そのため、ベージュ系のナチュラルなコンシーラーが向いているでしょう。

また黒クマの場合は、目の下がくぼんでいることも多いので、コンシーラーだけでなくリップやチークなどを駆使し、視線誘導するのがおすすめです。

詳しくはこちら→黒クマの隠し方!おすすめのプチプラコンシーラーランキングTOP10

【まとめ】クマの原因を知って改善を目指そう!

今回は、クマの消し方についてご紹介してきました。クマといっても種類も違えば原因や対処方法も異なります。まずは自分がどのタイプのクマなのか確認し、正しい対処方法を取り入れてみてください。